タダラフィルを服用することで副作用が起こる

タダラフィルやメガリスは、効果が出るまで速く、効果が出てからも持続してくれます。
しかも価格が1錠103円とかなり安いですね。

でもですね、完璧ではありません。
タダラフィルやメガリスにも悪いところがあって、それは副作用になります。
副作用としては、頭痛や偏頭痛やめまい、消化不良、鼻づまり、筋肉痛などの症状が出る場合があります。

いずれの場合も軽症としされていますが、安心は禁物です。
服用する時は、しっかりと飲むと気を守って使うようにしましょう。

タダラフィルと同じ成分であるメガリス使い始めてから、私は半年ほど立つのですが、とりあえず副作用は一度も起きていません。
バイアグラやレビトラと比べて、使用者の意見として、発症率は低いそうです。
でも、1日の中で過剰に服用するなどすると、副作用も起こりかねないので、1日1錠と守って使うようにしましょう。

初めてED治療薬を使う人だったら、1錠ではなくて、カッターなどでカットしてから使うのも良いかもしれません。

あと、私がメガリスを購入しているサイトに「服用禁止の人の説明」が載っていたので、
記載しておきます。購入前に一読しておきましょう。

「次の人は服用しないでください。」

  • 本剤に含まれる成分によって過剰症状を起こしたことがある方
  • 2心不全等心臓病があり、医師よりその性行為自体を禁止されている方
  • 過去90日以内に心筋梗塞のあった方
  • 過去6か月以内に心不全のあった方
  • 不整脈、低血圧(90/50mmHg以下)または高血圧症の方
  • 女性、18未満の方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加