タダラフィルのジェネリック医薬品に関する考え方

安さの秘訣はジェネリック。
このページではタダラフィルとジェネリック医薬品の関係についてご説明をしたいと思います。

まず、ジェネリックについて、軽く説明をすると、
シアリスを開発した会社は、商品を生みだすまでに膨大な「実験費・人件費・コスト」がかかっています。
そのようなことで開発された商品には特許権を所得することができます。
ようするに、独占をすることができるわけですね。

しかし、この特許権も一生使えるわけではありません。
ある一定の期間を過ぎることで切れてしまいます。

そうすることで、同じ成分で同じような商品を開発することができることをジェネリック医薬品という訳ですね。

最初に開発したの先発品の「シアリス」。
その後の、ジェネリック医薬品として後発品で販売している「タダラフィル」「メガリス」

やはり、先発品でオリジナルとして生まれたシアリスは、生みだされるまでにかなりのお金が掛っているので、
その料金を取り戻すために、特許権を利用して独占をすることができるわけです。

ジェネリック医薬品は、成分は出来ているので、わざわざ「人件費・実験費・コスト」などが掛りません。
ですので販売する時に「タダラフィル」「メガリス」の価格がかなり安価になるわけですね。

こちら側の消費者・購入者側としてはうれしい制度だと思います、ジェネリック医薬品は、
でもオリジナルで開発したシアリスの会社側としては、あまり納得できないような制度だとは思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加