タダラフィルのアルコールと食事に関する考え方

勃起不全という男の悩みを改善してくれるシアリスのジェネリックである「タダラフィルやメガリス」。値段が安いのシアリスと同じ効果を発揮してくれるのがうれしい所。

タダラフィルなどの特徴として、バイアグラやレビトラと比べて「服用してからの効果が早く、持続時間が長い」。やはり、最新版なので1ランク上の勃起不全治療薬。

でも、それだけではなく他にも特徴があります。それが「空腹・食後・飲酒」でも関係なく効果を発揮してくれるということ。

「空腹」「食後」「飲酒」

私は、バイアグラやレビトラは使ったことがないのですが、口コミなどを見ると、「空腹」の時に服用すれば効果はでるが、「食後」「飲酒」がからむとほとんど効果が出てくれないそうです。

単純な話で、食後や飲酒時だと胃の中には様々な食品成分が含まれているために、バイアグラやレビトラを服用しても効果を発揮することができないということになります。

それに対して、タダラフィルやメガリスは「空腹」「食後」「飲酒」でも、どんな状況でも服用すれば、すぐに勃起にいたります。

5mgと10mg

服用するときに気を付けるのが成分容量の見極め。
タダラフィルやメガリスも成分の容量は20mgとなっています。

私の「経験と相性」になりますが、「空腹」の場合は「成分容量は5mg」。つまり、タダラフィルの1錠をカッターなどで4分の1にカットした錠剤になります。

「食後や飲酒」の時は、少し容量を高くして「成分容量10mg」。1錠を半分にしてから服用となります。

これは、あくまでも私との「相性」となるために、利用する人もそれぞれの成分を使い分けることが大切です。あまり、容量が高すぎると副作用の恐れもあるために、注意が必要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加